年末年始スポーツ 独り言その2

・大学ラグビー
帝京大学-東海大学の決勝は
観客は少なかったが、
ラグビーの醍醐味を凝縮したいい試合だった。

早稲田、明治、関東学院、慶応
といった強豪といわれるチームではなく
新規チームでの決勝。
いいことだ。
来年以降の大学ラグビーの活性化を期待する!

・箱根駅伝
1万メートルの持ちタイム順で言うと、今年は駒沢大学が1位だった。
しかし、駒沢大学は出雲も全日本も勝てなかった。(というか惨敗)
タイムでは計れない何かが駅伝には作用する。

箱根に関しては、どうだろうと思っていたが
何の事はない。
戦前の予想通り、5区(だけ)で勝負がついた。
柏原の記録は、次に早い選手(区間2位の選手)とですら
4分以上の差がついている。
これでは、他のチームは手も足も出ない。

復路スタート時で3分以上のリードをもらっているので、
走る選手が無理をしないで良いからだ。

長距離に関して世界レベルから置いていかれつつある日本では
世界に通用するランナーの育成が急務。
そのための5区の区間延長。
箱根の面白さ?では疑問が残ってしまうが。

柏原がもし、来年も再来年も5区を走れば
東洋大学が優勝する確率は相当高いだろう。
[PR]
by shinokei1203 | 2010-01-12 15:14 | すぽーつ